愛媛県で賢くキッチンをリフォームする教科書

愛媛県

賢くキッチン(台所)をリフォームしたい! 愛媛県 編 費用と内容を両立できるリフォーム会社を探せ!

キッチンは、一日の中でも多くの時間を過ごす場所。何より他の部屋と違うのは、料理を作る、かたずける、食材や調味料、調理器具を保管する。色々な機能が詰まった「仕事部屋!」ということ。

なので単にキレイとか、豪華!というのは必要だけど、ちょっと違う・・・

ねえ、キッチン・・・リフォームしたいんだけど?!

 

そっかぁ!そろそろか?

でも、誰に相談する?どのくらい掛かるのかなー?!

当然、見た目の満足感は譲れないとしても・・・適度に効率的で、動きに無理がなく、その上、手入れがしやすい。居ても快適!使って快適!

 

せっかくのリフォーム、そんなキッチンを目指しましょう

最新の機能が満載で便利な上に豪華でカラフル!・・・・ただ、使ってみると何か居心地が良くない・・・何か使いづらい・・・せっかくリフォームなのにできてから不満が残る。

こんなストレスは避けたいもの!

もちろん自慢したくなるような華やぎや、明るくて誰もが憧れるような素敵なキッチンであることを否定するつもりはありません

でも、せっかくのリフォームが見掛け倒し何のために高額なリフォーム代金を支払ったか分からなくなるなんてもったいない!見た目と機能、そして費用の両立を目指すべきなんです

では、どうすれば納得がいって見た目も、機能性も快適なキッチンのリフォームが可能になるのでしょうか・・・?!

ご挨拶が遅くなりました。

私は、ある有名な外食チェーンの店舗開発部という店舗の出店や、既存店の改修、リフォームに携わる部署で長年にわたり実務を経験した人間です。

キッチンのプロ

キッチンのレイアウトは、店舗の設計の中でも最も大切な部分です。限られた空間や予算にもとづいてスムーズな調理のために作業がしやすく、効率的で掃除も簡単。

その上、食材の出し入れに面倒がないことが求められます。

そんな理想的なキッチンを実現するため、色々なケースに出くわしながら頭を悩ましてきたいわゆるプロです。

そんな私でさえ思わぬ費用がかかったり、無駄な設備に頭を抱えたり、失敗して地団太を踏んだことがありました。

それがキッチン/台所のリフォームです。

そこで、これまでの私の経験をもとにキッチンリフォームに機能、見た目、予算を満足させる秘訣を記しました!参考にしていただければ嬉しい限りです。

 

キッチンリフォームしよう

 

実は難しいキッチンのリフォーム

家庭のキッチンは、レストランのように機能性、効率をシビアに追求する必要はありませんが、反面デザイン性や、快適性の両立が求められるため、逆な難しさがあります

そのリフォームには、結構な費用が必要になるので絶対に失敗したくないですよね。

システムキッチンは、年を追うごとに進化を続けています。性能や機能的な向上はもとより、何といってもデザイン的に大きな進歩を続けています。

例えば・・・こんな風に思っていませんか?

天板は大理石。最低でも人造がマスト!とか、ガスレンジは、掃除が楽なガラストップ以外に無しね、更に掃除が楽なIHクッキングヒーターがベストかも・・・。

収納も、扉なんてありえない…出し入れが便利、大きく開いて出し入れが楽な引き出しラック式が主流じゃない!?しかも壁面タイルなんてダサイ、目地のない耐熱性パネルでしょ?

まだあります・・・浄水器はビルトインでね。レンジフードも大型で吸引力もアップしたヤツ、悩ましい掃除さえ自動で行ってくれる製品も出たしね!もちろん食洗機の性能もアップしたモデルで・・・

 

極端な話ではなく、ショールームに行くと、こんな風に「あれも、これも」となりがちです。

キッチンリフォームの見積もり

気がついたら、大きく予算オーバーなんてことが普通に起こります

気を付けて欲しいのは、ショールームでもらえる見積書は、あくまでも「甘めに見積もった概算」ということ。

実際にリフォームを行う台所の状況を反映していません。ぜひ買ってね!前に進んでね!・・・というモノでしかありません。

実際には、現場に合わせて配管工事や、電気工事、その他、諸々の費用は別に必要になってきます。なのでキッチンリフォームには設備の相場はあっても、施工に関する相場はそれぞれできまった相場はないというのが実情。

キッチンのリフォーム!色々な夢はかなえたい!あなたの想いをかなえる夢のリフォーム!それなら賢いリフォームを行いましょう。以下で賢いリフォームのガイドをします。価格も含めて満足のいくキッチンを実現しましょう!

キッチン/台所のリフォームは、どんな会社に依頼するかで成否が決まる

女性にとって大切なキッチのリフォーム・・・

ところで、どこで・・・?キッチンリフォームの不思議

誰に・・・どう依頼すればよいの?

良くある「激安!」「残り●●!」「決算」などと記されたチラシでリフォームを決意する方がおられます。営業マンの言葉巧みな誘いに簡単に乗ってしまう方が少なくありません。

いうまでもなく人間の体形は人それぞれ、ほんの数センチの違いで使いにくくなったり、ちょっとしたことでストレスを感じてしまうもの。

他にも電気器具をたくさん使いたいのにコンセントが足りないことに後で気づいたり、ショールームで見たのより狭く感じてしまったり・・・イメージが違ったり・・・

完成してからでは遅いのです!

結構な費用をかけたにも関わらず、何のためにリフォームしたのか分からない・・・そんな状況だけは避けたいもの。限りある予算や費用の中で満足のいくキッチン・リフォームをするために、何をどう選択していくべきなのでしょうか・・・

 

成功するリフォームとは

 

リフォーム業界はクレーム産業!

これを言ったら怒られる!

リフォーム会社は、施工と言いながら建築業の免許がなくても誰でも参入できるため、色々な業者が入り乱れています。

大手の住宅メーカーがやっているものや、地域の工務店、ゼネコン、リフォーム専門店、不動産や、今ではホームセンター、スーパーに家電量販店までリフォームに進出しています。

なぜですか?

はっきり言います・・・儲かるからです

キッチンリフォームで騙されないで

リフォーム業界は素人にとって内容が分かりにくい(=ゴマかし易い)ので原価を調整すれば利益を出すのが簡単な業態なんです。

もちろん適正な費用で正直に取り組まれている業者も多数存在しますが、不埒な業者がいるのも事実です・・・

例えば、「希望を何でも叶えますよ!」などと聞いてくれる・・・!良い業者に巡り合えた!!と・・・感動していてはダメ

そんなことをいう業者に限って要注意です。

こういう業者に任せていると、出来上がった後で満足できなかったり、あとから手抜きが見つかっても、”のらり・くらり”と逃げられて、嘆くはめになりかねません。

しかも、文句を言ても「打ち合わせ通りに仕上げましたけど・・・」など、逆ギレされるはめに・・・費用も支払った後で泣き寝入りされた方がどれほど多いか・・・

先にも記しましたが、キッチンなどリフォーム業は、許可不要で開業できるため、悪質なリフォーム業者が存在します。トラブルの多さで消費者センターへの苦情も絶えません。

リフォーム産業、内々ではクレーム産業とまで言われるほど!!

 

キッチンリフォームは見えないところを大切に

 

 

悪質なリフォーム会社に騙されないで

キッチンのリフォームと言えば良く見かける安売りチラシ。

全てのチラシがそうではありませんが実はチラシは危険です

なぜなら誰でも作れて、激安、格安などの言葉を並べて限定感と、おいしい言葉の調味料によって私たちを誘って来るからです。

先にも触れましたがキッチンの本体価格以外の部分の価格は、現場ごとで大きく変動します。一律の価格や費用を表示できないのはご理解いただけるでしょう。

リフォームの苦労

見える部分、例えばキッチン自体を安くして、見えない部分は自社のオリジナルを使います!と、

良いように説明しながら、見えない部分に粗悪な品を使って辻褄を合わせた費用をでして見た目の見積額を大幅に割り引いて見せることが可能です。

キッチン自体が安く見えても、全体では割高なんてことが起こる。自作自演で見せかけの値引きなんてザラにあります

単純な仕掛けですが、この方法で暴利を貪っている業者も実際に居ます。だから安売り広告で品物を買うようなリフォームはやめたほうが無難ということ。

 

リフォームに価格破壊は通用しません。

大体からして同じ現場は、一つも無いため、掛かる費用はそれぞれ・・・なので価格や相場から入れるはずがないんです

期間限定!在庫処分!価格破壊!〇〇周年記念!

激安!今だけ!

こんな宣伝文句が書かれてあると・・・

人間、誰しも弱いもの!ついつい反応してしまう。要注意です!安いけだの帳尻合わせ。安いだけのリフォームは手抜き工事を招きかねません。

キッチンのリフォームは施行業者の経験や技術をもとにしての提案する力!アドバイス力が必要です。だから費用や、相場といういい加減な情報でだけで判断するのは間違いなんです。

 

キッチン・リフォーム大手さんなら安心?!

・・・と、考えがちですが、知名度があったりとか、大手だから安心というものではありません。

確かに大手は手抜き工事が少なく安心できそうですが、その安心料は価格に大幅に跳ね返ってきます。なぜこの工事がこの価格・・・?

少し考えれば分かりますが、大手さんは間接部門を含め人件費は膨大。しかも湯水のごとく使う広告宣伝費。同じ材料を使っても原価が高くなるのは仕方ありません

あなたが安心料だと納得できるなら良いかもしれません・・・

しかし、それだけではありません!

キッチンリフォームプラン

キッチン・リフォーム受注から施工までのカラクリ

リフォームって受注したら、下請け業者に丸投げなんてことが多々あります。施工は全て外注が基本という業者さんが多いのです。大手さんや中小など関係なくそうです。

リフォームは、受注から工事まで複数の階層に分かれています。その階層毎に手数料が発生し、結果として高額になるというカラクリが存在するのです。

しかも工事代金の回収をクレジット会社に任せなど、契約さえ終了すれば仕事は完了。あとは下請けに投げて施工させた上、代金回収さえ自分でしない業者も少なくありません。

契約が追わったらバイバイ型ですね・・・こんな状況で発注者の想いが実際に工事をする施行者に伝わるわけがありません。

 

キッチンのリフォーム見積書のカラクリ

まずは、リフォームに対する意識をしっかり持っていただきたい。
暮らしを豊かにするためにキッチンのリフォームを行う!という目的意識を持ちましょう。

だから価格、費用に走りすぎてはダメ!でも価格が高いのを容認するもの違います

えっ!どっちなの(怒)

リフォームは「予算」と、実現したい「想いや希望」を両立させることが必要。予算を優先しすぎた交渉の結果、リフォーム業者が見積費用を合わすために材料の質を落としたり、作業工程を単純化したり金額的な調整を図ってしまう危険性があります。

予算内には収まるけど完成後にアレッ?!ってことになると困ります!完成後の見かけには満足しても実際の見えない部分で手抜きや、低レベルの材料を使われていたら悲劇・・・これは怖い。

リフォームの費用は、材料費+職人の手当が基本

つまるところリフォームは価格相応に出来上がるモノだと覚えてください。激安や格安など起こるのはオカシイのです。

ココがポイント!

コダワリの材料をふんだんに使いつつ、経験豊富なベテラン職人がしっかり時間を取って施行しました!その上、激安!格安!なんてことはもう手品!マジックのようなこと、現実には起こりません。

安いのには安いだけの理由が必ずあります

利益度外視なんてことを、見ず知らずのあなたにしてくれるハズがないじゃないですか!「先着だから?」「創業祭だから?」「モニターだから?」

色々な理由が付いても、それは受注のための口実でしかありません・・・実際は、安くできる理由がどこかにあるはず。

利益度外視!相場崩壊!などありえません!

・・・安くできるのは材料の質を落としている。経験の少ない安い職人を使かう。工期を縮めて簡単な施工にする・・・

激安だった!と喜んでも実は価格相応。

ある意味、安なんてない!騙されたに等しいことになりかねません。見えない部分でありえないことが起こっている可能性があるのです。

 

私があきれたリフォーム工事

キッチンの入れ替え工事の後、半年ほど経ったころ排水口から水が吹き出し、流れなくなりました。入れ替えてたった半年で・・・

キチンパンの下、床を開けて配管を確認して驚きました

パイプが行ってはオカシイな歩行へ設置されています。そこは通せないというところ・・・無理やり床材の下を通したため、パイプが押しつぶされた状態。

モノが詰まって水が逆流したのでした。

一目見れば素人でも駄目なことが分かります。職人に問いただすと「パイプの長さが不足し、最短距離を無理に通るよう設置した。圧迫については、液体が流れるので、少しでも流れるのなら大丈夫と思った・・・」と少しも悪びれていません。

こんな手抜き工事は昔からあって表面だけの仕上がりで材料や工程の手抜きに運よく?気づいてない人も多いのです。

配管が圧迫されてヒビが入り、少しずつ漏れていたら気が付かず、しだいに床材を湿気で腐らし、カビを発生させ、害虫まで増やしていたらどうなっていたことか・・・

 

リフォーム

 

見た目は新品の立派な最新キッチンです。しかし、肝心の内部ではこんな酷いことが平気で行われている。要は手抜き工事。これがリフォームの怖さです。

要は利益のために材料費をケチり、適当な作業でも受けるモラルの低い職人を使った結果がこれです。その場その場の現場をただこなしているだけ、後先なんて考えない・・・。

もうお分かりですね!

見積価格が安い、値引きが大きいと言うだけ(最優先)で選ぶと後で後悔しかねません。リフォームは原価を超えては安くなるはずが無いのです。

リフォームで何より大切なのは、お互いの信頼関係で安さではありません!

ではどうすればよい?

相場を下回るような価格は出るはずがない!と納得して欲しいのです!希望するキッチンを激安で契約できた!・・・実は」コレ、自慢になりません・・・それは危ない!危険です!

 

キッチのリフォームを安く仕上げたいなら

まずは、材料について一流メーカー品でなくても、同じような品質で下位のメーカー品で質を落とさず代替えの効く価格的に安価なものを提案してもらいましょう。

現場の工事については職人の経験や実績などの質を確認して、妥当な工期を要求する。工法などの説明も受けましょう。そして、工事現場では、見積もり通りの材料が使われているか。

説明通りの工事が実行されているか確認すればベストでしょう。

・・・できますか?

そう、普通の一般人はできません。材料の質など分かるわけが無いのです。工事の前、見積もり段階でも「コレが最良!」と言われてしまえば、そこまで!知る由もありません・・・

ではどうする??答えは簡単!

大切なのは相見積もりです!えっ?!ぞんなこと?

と思われたかもしれませんが、実際に何社から相見積もりを取る方は稀なんです。大きな費用と大切なキッチン/台所をリフォームするのに相見積もりを取らない選択肢はありえません

複数の業者から材料や、工事に関する情報を入手し、その過程でキッチンリフォームで必要な情報やノウハウまで得ることができます。

まずは無茶な値切りは論外!

良質なリフォームを適正価格で行わせることに主眼を置いて取り組めば、リフォームは成功するのです。目的は、リフォームの成功!味方になってくれるリフォーム業者を探せる方法が相見積もりなんです!

成功=安さではなく、成功=良い結果 → 妥当な価格!ということ。

さて、ここまで来ればあともう一息!もう少しだけ頑張ってください。
無駄なお金を使わず、理想的なキッチン・リフォームを目指して相見積りする方法をお話しします。

 

キッチンリフォームとは

相見積で理想のキッチンを実現しよう

見積書って明細が大切なんです。

▼スグに相見積もりがとりたいならいかがおすすめ

使用する材料についてはメーカーやその質、その数量と工期を理解できてから、他の会社の見積書と比較し、格交渉に入るのが賢いやり方です。そうすることで手抜き工事や不要なコストを切り詰めることが可能だからです。

そのためには見積書をお願いしたときに「明細をしっかり確認する」ことが大切。分からないことが書いてあっても、他と比べれば見えてきます

各社の明細を比較し、違いを明確にしましょう。明細の内容が分からなければ納得できるまで聞けば良いのです。説明を面倒がるようなところはやめた方が良いですね。

この過程でまともな商談ができな業者は外すべきです。

どんな材料を、どのくらい使うのか?その材料費と手数料はどうなのか?これら細かく比較できれば最良。受け取ったら1項目ずつ確認する位の気持ちが大切です。

リフォームの成功は人と人の感性によるものが大きく、あなたと業者との信頼関係がなければ成功しません

希望を話して色々なプランを作成してもらいながら本当にこちら側のことを思ってくれているのか?伝えていた予算をオーバーしたときにその価格を下げるためのアイデアを出してくれているか?

業者の提案力を試すべきなのです。

大切なのは、前提条件!

相見積もり(リフォーム)の成功の秘訣は価値観(優先事項)をしっかり持つこと。目的とする内容が明確でないと結局ブレてしまいます。

 

あなたはキッチンンのリフォームに何を求めますか?

その目的や希望、理想、価格、予算など何を優先しているのか、見積もり前に前提条件として明確に伝えないと相見積もりの結果を比較することができなくなります。

同じ価値観で依頼してこその相見積もりです

そうすることで相見積もりで各社が使う材料の違いが見えてきたり、同じ材料で価格が違うことも分かったりします。

工期もそう。各社の材料、職人の費用(日当)、工期、その他の手数料関等の違いを明確にしましょう。なぜこの材料を使うのか。なぜこの工期なのか相見積もりで見えてくる部分を納得いくまで聞きましょう。そうすれば素人でも見えてきます。

 

理想のキッチン

 

キッチン/台所リフォーム会社の選び方

相見積もりは理解した!でもどんな表者に依頼すべきなの?

キッチンのリフォームが成功するか失敗するかは、相見積もりと、何をおいても業者選びで決まってしまいます。

相見積もりを利用して複数の業者と接触することで提案や価格に納得でき、しかも自分に合う業者を選びましょう!

キッチンの正解

信頼できる業者とは、よく相談乗ってくれて、いろいろお客側の立場になって考えてくれたり、あれこれ面倒なことを聞いても、嫌がらず応えてくれる。

実のところ、このあたりが大切。馬の合わない業者とは後程トラブルになることが多いモノです。

質を落とさず、他の安価な材料を提案してくれたり、キッチンについて経験上のアドバイスをしてくれたり、そして親身になってくれる業者を探しましょう

悪質な業者は、材料を変更したり、面倒なことを嫌います

利益の出る材料を変えられたくないからです。簡単に工期を短くして職人の日当を減らすことで見た目の金額を落されかねません

くれぐれも見積もり金額が高く、材料の質が悪いなどにならないように!これは一番最悪です。そんな馬鹿馬鹿しいことにならないよう気を付けてください。

しかし、一般人はどうしても情報不足。その相見積もり、どこで、どうやって、誰に依頼すれば効果的なの?

キッチンリフォーム/相見積りの取り方

インターネットを使えばリフォーム業者の情報なんて嫌ほど集められますよね。ただ情報の信頼性には注意しなければなりません。

・コツは、リフォーム業者を個別で探すのではなく、

・リフォーム業者の紹介サイトに注目。

・優良会社が数多く登録している会社がベスト!

リフォーム業者を1社ずつ調べる必要がないため、時間の節約にもなります。

掲載されている業者は、相見積りを取られることが前提。分かっているので最初から真剣です。ボロ儲けのようなバカな見積もりは出しません!ここポイント

※ 個別に調べて出すと指名になるわけで材料、価格の両方でボラれかねません。

注意することは、そのサイトの登録基準。登録されているリフォーム会社がどのような基準で掲載されているかが大切です。一定の基準をクリアした会社のみ登録しているサイトは信頼性が高いといえるのです。

私がオススメするのは以下のサイトです。キッチンの優良リフォーム会社が300件。しかも無料でリフォームプランや見積書を提案してもらえます。面倒がなくて手軽。相見積もりに最適だと思います。安心できるサイト運営も評価ポイントです。

 

  • キッチンのリフォームは、完成後を見ないで契約し、お金を払わねばなりません!認識をしっかり持って良心的で経験豊富、信頼できる業者を選びましょう
  • リフォームは、予算に応じた提案力としっかりした職人の技術にお金を支払うもの。けして安さだけを優先しないで!もっともらしい見積もりにも騙されないで!
  • これまでどんな工事をやってきたのかを聞き、提案力のある業者を選びましょう。品物を売ることばかり、価格ばかりに話しが進んでいないかよーく見極めましょう。

そのためにはこのような基準が明確で良質なサイトから相見積もりを依頼するのが一番の近道です。あなたのリフォームが成功することを祈っています!

ファイト!がんばってください!

タイトルとURLをコピーしました